日本の男性、薄毛率は世界14位


日本人男性の薄毛率は世界で14位。こんな結果がアデランスの調査
でわかった。

 同社は97年から、世界21カ国で肉眼による通行人の観測を行って
薄毛率を測定。その結果、薄毛の1位はチェコの42.79%。 以下
スペイン 42.6%、ドイツ 41.24%、フランス 39.24%、英国 39.
23%という順番。 その中で日本は26.78%で14位、アジアでは
トップだった。ちなみに最下位は中国の19.04%だ。

バーコードかつら.jpg
アデランスかつらには見えないようですが...



「西欧の男性に薄毛が多い原因はよくわかりませんが、毛髪の本数が
多いけど毛が細く、金髪だからという印象を受けます。アジア圏の薄毛
が低いのは黒髪だからではないでしょうか」(アデランス広報担当者)

 薄毛で最も多いのは前頭部から頭頂部にかけての毛が抜けるパターン
だとか。気になるのは日本人の薄毛率の推移だ。国内の調査では82年
が15.6%だから、11.18ポイントも伸びたことになる。

「肉食などで食生活が西欧化し、さらに仕事のストレスが高じたせいで
数字が上昇した可能性があります」(前出の広報担当者)

 ストレスをためずに和食を食べる。これが薄毛予防の第一歩か……。


ゲンダイネット 2009年2月2日より



トホホとほほひと言コメント:

日本は世界14位って、何とも中途半端な順位ズラ。

銅メダルどころか、入賞もしてないじゃん!

あっ、アジア1位ですか...アジア大会なら優勝ですね。


髪の毛は伸びてないのに、薄毛率は年々伸びているんですな。


えっ、私?

もちろん、薄毛です ( ̄ー ̄)ニヤリ
トホホとほほニュース注目トピック.gif
なかなかのトホホコメントでしたら、クリック応援お願いします m(__)m


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。