担任が男子生徒2人の前でわいせつ行為、福島県教委が発表


福島県教委は6日、相双地区の県立高校に勤務する30歳代の男性教諭が、
男子生徒2人に対し、わいせつ行為をしたと発表した。

 発表によると、男性教諭は1月上旬、冬休み中の補習を終えた男子生徒を
同校から自宅まで自家用車で送る途中、車内で下半身を露出し、自慰行為
見せた。さらに、同月下旬、同校の特別教室内で別の男子生徒に自慰行為
見せた。教諭は2人の生徒の担任だった。


大人の保健体育20090207.jpg

まさか「大人の保健体育」授業のつもりだったのか?



 2人が4日、学校側に被害を訴え、校長が男性教諭に問いただしたところ、
6日、事実を認めた。教諭は「生徒たちに大きな精神的ダメージを与え、申し訳
ない」などと話しているという。

 県教委は「事実確認を進め、(処分について)厳正に対処する。生徒、保護者
と相談し、刑事告発する方向で検討したい」と話している。

 県内では教員による生徒へのわいせつ行為など不祥事が相次ぎ、野地陽一
県教育長が1月中旬、今年度末での辞任を表明したばかり。


読売新聞 2009年2月7日より



トホホとほほコメント:

大人の保健体育」の個人授業だったのでしょうか。

しかも男性教師から男子生徒への「わいせつ授業」とは
開いた口がふさがりません...

この学校が男子校なのか共学なのか不明ですが、今どきの
男子校なら、もしかして決して珍しくない事件でないのかも。

今後もこの手の事件、勃起...じゃなくて、勃発しそうな
気がします ( ̄Д ̄;)
トホホとほほニュース注目トピック.gif
なかなかのトホホコメントでしたら、クリック応援お願いします m(__)m





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。