74歳神父が信者母娘にセクハラ「愛してます」強引にキス


大阪府茨木市のカトリック大阪大司教区茨木教会で、74歳の神父が、
女性信者(42)と小学生のその娘に対し、セクハラ行為を働いたとして、
女性が府警茨木署に被害届を出していたことが4日、分かった。神父
教会側の調べに「申し訳ないことをした」と暴走行為を認めているという。
同署は同じ時期にほかの女性からもセクハラ被害の報告を受けており、
強制わいせつの疑いで調べを進める予定という。

 聖職者が“性職者”へと暴走してしまった。被害女性は、神父が住む
教会内の住居「司祭館」の台所などで「愛してます」と言われ、服の上
から抱きつかれたり、唇へのキスをされたとして、セクハラ被害を届け
出た。これまで何度も被害に遭っており、さらに昨年12月にはこの女性
だけでなく、小学生の娘もキスをされたという。

恋する神父20090205.jpg
こちらは「恋する神父」。セクハラ神父ではありません...



 先月18日に教会を統括する大阪大司教区が、神父を問いつめると
「しました。本当に申し訳ないことをした」とみだらな行為を素直に認
めたという。 理由については「母子は本当に大変な家庭で、あまりに
ふびんだったから」と話している。

 被害に遭った母子は2人暮らし。女性は2001年ごろに以前の勤務
先の教会で神父と知り合い、茨木の教会に移った02年以降も司祭館の
掃除などに従事。神父はお礼として1日2000円ほどのポケットマネー
を支払う一方で、何度もセクハラ行為に及んだとみられる。

 カトリックの神父は結婚して家族を持てるプロテスタントの牧師とは
違い、例外を除いて妻帯を許されておらず、このセクハラ神父も独身。
神父は母子の金銭事情に同情していたが、仕事を与えている弱みにつけ
込み、劣情へと暴走していったようだ。神父は「女性から嫌だと言われた
ことはない」と話しているというが、女性は「ずっと嫌だった」と苦しい胸中
を明かしたという。

 外国人信者への抱擁やキスなどは珍しくないが、日本人相手ではタブー
的な行為。大司教区は「(母子への)恋愛感情までは分からない。ただ、
女性には何度も繰り返しているみたいなので…」と言葉を濁した。弁護士
3人を含む第三者委員会を設置し、事実関係を調査中で、神父の処分を
検討。茨木署では同時期に匿名で、別の女性からも「セクハラ被害に遭
っている」と相談を受けており、強制わいせつの疑いもあるとみている。

 神父は先月20日から別の教会で謹慎中。セクハラ行為の舞台になった
教会はこの日、ひっそりとしており、高齢の男性信者は、「ビックリしま
した。普段は本当にいい人でしたから」と残念そうだった。


スポーツ報知 2009年02月05日より



トホホとほほコメント:

聖職者」でなく「性職者」って...うまい表現は座布団1枚ですが、
このエロ神父がやっていたことは、神の名を借りたサイテー行為ですな。

新郎が「新婦」へキスするならともかく、「神父」はまずいよね。

カトリックの神父は結婚してはいけないのなら、プロテスタントへ改宗
すればいいのに...って、そういう問題でもないか。
トホホとほほニュース注目トピック.gif
なかなかのトホホコメントでしたら、クリック応援お願いします m(__)m





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。